木の飾り

兜の騎士を幸せにしたい

人生において、「おむすび」の意味合いって、どう思う?無関係って思える?「八宝菜」は、あなたにとってはどんな意味があるんだろう。

木の飾り

汗をたらしてダンスする彼女と俺

喜んでもらえるおくりものを思いつかなくてはと思っている。
結婚記念日が近くて、妻に喜んでもらえる贈り物を渡したいけれど、すごく良いプレゼントがうかばない。
家内になんか手に入れたいものがあればいいのだが、ほとんど、物を欲しがる気持ちが存在しないので、本人がもらって喜びそうなものが思いうかばない。
但し、ばれないように気に入りそうなものを見つけてびっくりさせたい。

湿気の多い土曜の午前はカクテルを
少し時間にゆとりが出来たので、HMVに足を運んだ。
新規でウォークマンに挿入する楽曲を探し出すため。
現在進行形で、頻繁に聞いたのが西野カナ。
いつも習慣になっているのが洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品も素敵だと思っている。
と思い、今回借りたのは、アリゼだ。
甘いボイスとフランス語がなかなかGOODだと思う。

目を閉じてダンスする先生と突風

ちかちゃんの恋人であるSさんの食品会社で、毎回和歌山の工場で作った梅干しをオーダーしている。
飲むと電話をくれるSさんの可愛い後輩でアルEくんは、なぜかトークがかみ合わない。
ノンアルの時の彼は、結構な照れ屋らしくあまりいっぱい話さない。
だから、私自身、E君とじゅうぶんにトークをしたことがない。

蒸し暑い大安の晩は散歩を
少年は夜中の3時に目覚めてしまった。
夏休みもすでに一週間程度過ぎた頃のことだった。
暑さと湿気で寝苦しく、熟睡できなかったのだろう。
扇風機は室内のぬるい空気を撹拌しているだけで、全然涼しさを感じない。

暑くて寝れないし、お腹も減ったので、少年は大好きなカレーを作ろうと思った。
冷蔵庫を開いて食材を確認し、肉と野菜を用意して、料理し始めた。
夜が明けそうな時間には、少年の家からは、スパイシーなカレーの匂いが漂ってきた。

目を閉じて話すあの人とファミレス

さやかちゃんはルックスはおっとりしているように見られるようだけど、かなりアクティブな女友達。
優しい旦那様と、1歳の賢治くんと、3人でイタリアンレストランの向かいのアパートに住んでいる。
一般事務の仕事も子育てもしっかりこなして、毎日が充実していて、時間の有効活用は上手。
ちょっとでも時間があれば、今夜は空いてる?と必ず電話をくれる。
私はそのたびにクッキーを買って、彼女の家に遊びに行く。

悲しそうに吠える兄さんとわたし
このようにインターネットが必需品になるとは、当時子供だった自分には全く予想できていなかった。
物を売る会社は今から厳しくなるのではないかと考える。
PCを使って、一番安価な物見つけ出すことが可能だから。
争いが活発になったところでここ最近で見かけるようになったのが、セミナー起業や商材販売だ。
今は、手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
手段と目的がごっちゃになってしてしまいそうだ。

天気の良い大安の日没に散歩を

このごろ、わが子が外で楽しまない。
日差しが強いからか、部屋で遊べるものがすごくもらってふえたからか。
前までは、めっちゃ公園に遊びに行きたがっていたのに、このごろは、わずかも行きたがらない。
まあ、父としては、そんなに困ることもなく、気にしないが、だけど嫁はちょびっとでも困っている。
けれど、蒸し暑い場所で遊ばせるのも心配だ。

熱中して歌う母さんと草原
ある難しい内容の仕事が舞い込んできたとき「大丈夫だろう」と考えていた新人の頃。
当時の自分を含む新人みんなが「過ぎればどうってことないよ」などとあっさりとらえていた。
そこで指導専門の女性が発した言葉が心に残っている。
「成功に向かって努力をして時間を費やしたからこそ、終わってからなんてことなかっただけ。
なので、あなたたちみたいに甘くとらえていて、運よく仕事が簡単だったという意味は含まれていません。
終わってしまえばなんてことないと言う言葉の裏にあるのは、真逆です。
甘く見ずにじゅうぶん学び準備を進めたからこそ能力が有り余って、事がスムーズに進んだと言う事実を表しています。
全身全霊で仕事をする気になりましたか?
なめていないで頑張りましょう。」
と言うセリフ。
この言葉があってから、新入社員一同必死に勉強しなんとか収めきることができた。

無我夢中で泳ぐあの人と夕焼け

このところ、腹のぜい肉を減らさないとと思い筋トレをしている。
2歳の娘を自分のお腹にのせて一から数えながら筋トレを行っていたら、家族とのふれあいにもなるし、子供も数を覚えるし、俺のひどい脂肪も少なくなるし、いいことずくめだと思っていたら、最初は、喜んでいた小さなわが子も退屈なのか、やらなくなってしまった。

雨が上がった休日の昼に座ったままで
新人の頃、知識がなく、目立つ厄介なことをひきおこしてしまった。
心配しなくていいといってくれたお客さんだが、お詫びの方法も浮かんでくることがなく、落ち込んでしまった。
同じく新人らしきお客さんが、タリーズのラテをあげる、と言ってくれた。
トチって2個も頼んじゃってさ、と言って全く違う飲み物を手に2つ。
背が高くて細くてすっごく豊かな顔つきをした人。
嬉しかったな、と思い出す。

木の飾り

メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2015 兜の騎士を幸せにしたい All rights reserved.
木の飾り