木の飾り

兜の騎士を幸せにしたい

日々の生活の中で、「娘」のポジションって、どう思う?関係ないって言えるだろうか。「料理人」は、あなたにとってはなんの意味があるんだろう。

木の飾り

泣きながら歌う姉妹と夕焼け

知佳子が、アパートのベランダで、ミニトマトを育てている。
実がなったらトマトスープを作るらしい。
実は、頻繁に水分を与えないし、すぐそばでたばこを吸うので、トマトの周りの空気はこれっぽっちも良くはない。
1日、水分を与えていないと言う時期の、トマトの姿は、緑色の葉がしょぼんとしていて、なんとなくしゅんとしているシルエットに激似だ。
可哀想になったので、水分を多くあげると、翌日の明け方のトマトは陽気に復活していた。

怒って叫ぶ君と公園の噴水
社内で親しくなった女性がいる。
変わった人で、その話がいつも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、クレーン免許、インテリアコーディネイター。
トイック800点、フランス語検定2級、元スチュワーデス。
公認会計士も取得しているとうわさ。
さすがにこのことを父に話したら、君の勘違いだと思う、など言われたけれど。
彼女は、父親と同い年の専務と結婚し退職していった。

蒸し暑い金曜の日没に読書を

嫌われ松子の一生というタイトルのドラマが放送されていましたが、欠かさなかった人も多かったと思います。
実際に、ドラマは見なかったけれど、中谷美紀主役で映画が公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量の悪さゆえでもありますが、不幸な立場にいながらも、心まで悲観的になりません。
周りから見ると、不幸かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せになることに関して、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
なんていう、よくわからない状態だった子どもだった私は、観賞中、悩みなんか忘れていました。
とても、面白い映画なので、ぜひ見ていただきたいです。
そして、中谷美紀さんは、音楽教師でも、風俗嬢でも、美容師を演じても、何をしても綺麗でした。

前のめりで吠えるあいつと草原
たしなむ程度の酒のおともに、絶対体に良い食材を!と思っている。
ここ最近の酒の友はトマト。
その前は秋刀魚。
そして、最近は、ウナギだけれど、少々高めなのでそれも辞めた。
そして、新しいレシピを考案した。
だいたい90円くらいのエリンギ。
小さく切って、バターで炒めて、みりんと塩コショウを少々ふりかけて整えたもの。
じゅうぶん料金は低いし、KCALも低い気がしませんか。

ひんやりした火曜の夕方は昔を思い出す

石田衣良という作家さんに出会ったのは、友達の愛ちゃんのマンションで。
愛がいない部屋という短いお話が詰まった小説が彼女の部屋にあったから。
古里の宮城の愛ちゃんのママが読んでいたものだそうで、それを米や果物と共に送ってくれたという。
当時は全然有名でなく、世に知れていなかった石田衣良さん。
愛ちゃんは普段エッセイや経済、ファッション誌などは読む。
逆に、俗にいうライトノベルは気に入らないらしく、この本を私にあげる!という。
愛ちゃんのママはどんなことを思いながら、愛がいない部屋を手に取ったのだろう。

凍えそうな日曜の午前にお酒を
セミももう鳴いていない夏の晩。
少年は家の縁側に座り、スイカをかじっていた。
かじってはスイカのタネを庭に吐き出していると、ときどき種が遠くまで飛ばず、自分のお腹や胸に落ちる時もあった。
傍に置いているかとり線香の香りと、星のよく見える暑い夜、そして口に広がるスイカの味。
少年はそれぞれを感じながら、この夏これから何をして遊ぼうかな、と思っていた。

無我夢中で吠える友人と夕立

見物するのにうんと多く歩く動物園は、盆近くはめちゃめちゃ暑くて疲れる。
知人夫婦とお子さんと私の家族と共に出向いたが、非常に暑すぎてだるかった。
大変暑すぎるので、どんな動物も大多数が行動していないしし、遠くの日陰に潜んでいたりで、さほど見えなかった。
次回は、ひんやりとした水族館などが天気もよく暑い日はよさそうだ。
子供が幼稚園の年長くらいになったら季節限定の夜の水族館や動物園も良さそうだ。

のめり込んで歌う彼女と電子レンジ
息子の4歳の誕生日がもうすぐで、誕生日プレゼントを何にしようかを考えている。
妻と話して、体で遊ぶおもちゃか知育玩具か洋服などにするかを決めようとしている。
考えるがなかなか決められないので、実際に見て選ぶことにしたけど、ピンとくるものがなかった。
しかし、子供に見せてみたら、あっさりと決めることができた。
トンネルの遊具に夢中になったので、これに決めた。
ただ、私たちの家が狭いので、小さくて折りたたみ可能なやつに決定した。
販売価格が、なかなかリーズナブルだったので、助かった。

ゆったりと熱弁するあの人と暑い日差し

いつも、至ってシンプルなファッションが好きな私は、もちろんビビられるけど。
キャミやポーチや飾り物まで揃い、ラインで固めたいと考えれば破産しそうだ。
なんとしても、ジル・スチュアートは魅力的だ。

のめり込んで吠えるあなたと飛行機雲
驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房器具もないようなところだ。
そのために、扇風機とよく冷えたミリンダを片手に仕事をする。
つい最近、扇風機を動かそうと考え、スイッチを付けたまま持ってしまった。
そしたら、扇風機の歯車が停止したので「おかしいな・・・」と、考え直し,手元を見た。
なんと、動きを止めているのは、まさかの自分の親指だった。
抜くと、また歯は元気に回り始め、指からは血が垂れてきた。
痛みもなにも感じなかったが、気を付けようと誓った。

木の飾り

メニュー

木の飾り
Copyright (c) 2015 兜の騎士を幸せにしたい All rights reserved.
木の飾り